文字の大きさ
facebook twitter
被災地支援体操を掲載しました!支援図書・小冊子情報も掲載。
2016.04.28

被災地支援体操を掲載しました!支援図書・小冊子情報も掲載。

当会の髙橋一男評議員より提供している「被災地支援体操」は、もともと東北の仮説住宅等での
支援のために作成されたもので、会員専用ページに掲載しておりました。
このたびの熊本地震につき、一般の方々もご利用いただけるようにオープンにいたしました。

それぞれのタイトルをクリックするとPDFが開きます。

避難所や車中で長時間過ごすことによる生活不活発病等の予防、転倒予防のためには、
こまめに身体を動かすことが必要です。

1。 握手で健康観察「握手で心の様子を探る」

2。指と手を動かす「指遊びにチャレンジしよう」

3。腕を動かす「腕を動かして快適な生活を目指そう」

4。肩を動かす「いろいろな方向に動かしましょう」

5。足の指を動かす「こまめに動かしましょう!」

6。足関節を動かす「しっかり動かしましょう!」

7。膝を動かす「スムースに動かす!」

8。股関節を動かす「『大きく・力強く』しっかり動かす!」

9。腰に刺激を!「体を『支える』!力を『伝える!』」

10。表情を豊かに!「いろんな顔にチャレンジしてみよう!」

11。背中を美しく「若々しい背中を目指しましょう!」

12。足のケア「気配りしましょう『足の指!』」

13。下肢のケア「下肢に刺激を与えましょう!」

14。組み合わせ運動「身体と頭を一緒に刺激しましょう!」

15。組み合わせ運動「リズムに合わせて動きましょう!」

<お知らせ>

★日本看護協会出版会より、当会監修の書籍ならびに身体教育医学研究所うんなん (島根県雲南市)
 作成のリーフレットを、熊本の被災地へ、無料提供いただけます。
詳しくはこちらをクリック
① 書籍「ここまでできる高齢者の転倒予防」附属のDVD「太極拳を応用したリズム運動〈川の流れのように〉」
 +「転倒予防のための太極拳リズム運動リーフレット」
②「転倒予防いろはかるた」
★当会推奨品が、熊本被災地支援品として送られています。
・㈱イノアックコーポレーション「ロコモマット」詳しくはこちら
・㈱テルモ 「転倒予防くつ下」詳しくはこちら

一覧へもどる