文字の大きさ
facebook twitter
締切を延長しました!「転倒・転落リスクのアセスメントツールに関する調査協力」
2016.06.01

締切を延長しました!「転倒・転落リスクのアセスメントツールに関する調査協力」

日本転倒予防学会会員 各位

日本転倒予防学会 転倒・転落リスクのアセスメントツールに関する調査への協力のお願い 

アンケートのご送付締め切りを、5月31日(火)⇒6月10日(金)まで延長いたします。

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。わが国では多くの保健医療福祉機関で転倒・転落の危険性(リスク)を把握するためにアセスメントを行い、その結果に基づいた転倒予防の取り組みが行われています。対象者の特性にあわせて転倒・転落リスクに関するアセスメントの方法(以下、アセスメントツール)が改変・開発され、またいくつかのアセスメントツールを組み合わせて使用されていますが、その実態については把握されていません。そこで、日本転倒予防学会では会員の皆様から転倒・転落リスクのアセスメントについて情報をご提供いただき、その効果と課題を把握することにしました。つきましては研究の趣旨をご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

なお、調査票のQ3以降にご回答いただいた場合は、転倒予防指導士の更新の単位(1単位)と認定します。

日本転倒予防学会
理事長 武藤 芳照
副理事長 鈴木みずえ

調査の要領につきましては、こちらをクリックして、会員専用ページへお入りください。

 

一覧へもどる