文字の大きさ
facebook twitter
富士北麓転ばぬ医療研究会 講演会(9/9)を開催します ※転倒予防指導士生涯研修会
2016.08.09

富士北麓転ばぬ医療研究会 講演会(9/9)を開催します ※転倒予防指導士生涯研修会

※本講演会は、「転倒予防指導士」の生涯研修会として認定されました。
 ご参加されましたら、1単位が認定されます。

※詳細チラシのPDFが開きます。こちらをクリック

 日時:2016年9月9日(金) 19:00~

 場所:ホテル鐘山苑 〒403-8522 山梨県富士吉田市上吉田6283 TEL:0555-22-3168
 主な参加対象者:医療関係者、介護関係者
 共済:富士北麓ころばぬ医療研究会、富士吉田医師会、中外製薬株式会社
 協力:日本転倒予防学会
 参加費:無料
 お申込み:不必要、直接おいでください。
 問い合わせ先:中外製薬山梨新薬室 電話 055-227-9711 Fax  055-227-9713

プログラム
19:00~19:10 「骨粗鬆症治療剤 ボンビバ錠」 中外株式会社

19:10~19:25 一般演題「自宅退院患者の転倒・転落発生状況と危険因子の調査」
  演者:相川禎孝(富士吉田市立病院リハビリテーション技術科)

19:25~20:25 特別講演「認知症高齢者の転倒予防」
  座長:渡邉 洋(渡辺整形外科、日本転倒予防学会 理事j)
  演者:鈴木みずえ(浜松医科大学地域看護学 教授、日本転倒予防学会 副理事長)

20:25~20:40 総括
  武藤 芳照(日体大総合研究所 所長/日本体育大学特別招聘教授、日本転倒予防学会 理事長) 

 

 

一覧へもどる