文字の大きさ
facebook twitter
『認知症者の転倒予防とリスクマネジメント<第2版>』発行のお知らせ
2014.10.15

『認知症者の転倒予防とリスクマネジメント<第2版>』発行のお知らせ

<監修>
日本転倒予防学会

<編著>
武藤 芳照 (当会理事長/日体大総合研究所所長)
鈴木みずえ (当会理事/浜松医科大学教授)

『認知症者の転倒予防とリスクマネジメント<第2版>』が発行されました。

第2版では、第1版の内容に最新の情報を加えアップデートし、より実践的で、いっそう社会に役立つ編集・構成・内容となるように、工夫・改善されています。

『認知症者の転倒予防とリスクマネジメント<第2版>』

 武藤芳照
 鈴木みずえ/編著

出版社名:日本医事新報社
出版年月:2014年10月
ISBNコード:978-4-7849-6178-8 
定価:4600円+税
頁数:360P B5判

病院・施設での認知症高齢者の転倒が昨今非常な問題になって
おり、医療安全管理責任者もその対応に苦慮しています。
そこで、実践的Q & A形式で認知症の人・家族に対する具体的
対応を述べ、医療関係者はもとより認知症の高齢者をかかえる
家族にとっても役立つ内容としました。
転倒予防は可能なのか、医療スタッフと家族へのコミュニケーション
はどうとっていくか(入院・入所時の説明、認知症への対応、それぞれ
の施設におけるケア状況ほか)、数多くの事例、コラムを入れつつ
興味あるところからお読みいただける構成にしました。
第2版では第1版の内容を最新の情報を加えアップデートし、新たな
Q&A21項目や「失敗事例からの学ぶ転倒予防のヒント」「認知症に
絡む診療報酬のまとめ」などの追加により、さらに詳しく実践的な内容
となりました。認知症高齢者の転倒予防のために手元に置いておきたい
1冊です。 

 

その他、転倒予防関連書籍は下記リンクをご覧ください。

 

一覧へもどる