文字の大きさ
facebook twitter
2020年10月10日11日 第7回学術集会(東京)「人生100年時代の転倒予防~身近な転倒を再考する」
2019.10.18

2020年10月10日11日 第7回学術集会(東京)「人生100年時代の転倒予防~身近な転倒を再考する」

第7回学術集会は、東京、中野サンプラザで開催します。人生100年時代を明るく前向きに生きるためには、転倒予防は勿論のこと、転倒した後に前向きに生活復帰することが重要です。ハンデのある人もない人も一緒に集った2020年東京オリンピック・パラリンピックの熱気冷めやらぬ中、「サブカルチャー発信地:東京、中野」で、活発に多職種によるサイエンティフィックでヒューマンな議論を展開しましょう。  会長 奥泉 宏康  上岡 洋晴

・主催:日本転倒予防学会(理事長 武藤芳照)

・会長:奥泉 宏康(長野県東御市みまき温泉診療所 所長)
    上岡 洋晴(東京農業大学大学院環境共生学専攻 教授)

・副会長:大高 洋平(藤田医科大学医学部リハビリテーション医学I講座 教授)

・日時:2020年10月10日(土)、11日(日)

・会場:中野サンプラザ  〒164-8512 東京都中野区中野4-1-1

・市民公開講座、一般演題、特別講演、シンポジウム、各種セミナー、企業・団体展示、書籍展示、市民公開講座

一覧へもどる